ラベル

2017年6月25日日曜日

決算発表

 今回は「決算発表」についてです。

 はい、こんにちは ぞうさん です。

 株式相場の言葉って分かり難いですね。でも「決算発表」って何?ということはないですね。言葉の通り「企業の業績を発表する」ことです。「1年間の収入・支出を計算し、利益や損失を計算すること」の様です。


 しかし!!!、あなどるなかれ「決算発表!!!」です。



 決算発表の当日は、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書等を勘案して、現在の株価に対してどの程度安いか高いかを見積り、多くの投資家さんやトレーダーの方々が大きくリスクをかけてくる日なんです。
 この日の事を「決算プレー」等と言う事もあるようです。



 では、決算発表の日の株価ってどんな感じ動いているの?と言うことで参考のチャートを見てみましょう。



LIXIL 2017決算発表日 日足

 まずはリクシルさんの決算発表日です。①の部分ですね。
通常の株価の値動きよりもちょっと大き目ですね。日足だけ見るとまあちょっと値動きが大きい日で片づけてしまいそうです。
 それでは、5分足のチャートも見てみましょう。




LIXIL 2017決算発表日 5分足




 リクシルさんの決算発表日五分足です。突然ドーンと動いていますね~。
 ②の部分は発表した時間と思われます。
 発表直後10分間の間にこの日の値動きがすべてすっぽり入ってしまっています。
 



 もしも、どちらかに逆指値損切を入れていたら、上げるにしても、下げるにしてもほぼ反対決裁をくらっているでしょうね・・・
リクシルさんは一日の出来高が約150万株/日の銘柄ですので、結構なボリュームの銘柄なんですが・・・
13時頃の10分くらいの値動きで100万株をはるかに超える値動きです。一気に動きますね~。このスピードで本当に決算内容を勘案してから動いているのでしょうか?




それでは、もう1銘柄見てみましょう。





三井物産 2017決算発表日 日足





 三井物産さんの決算発表日です。①の部分ですね。
このチャートでも通常の株価の値動きよりもちょっと大き目と言うくらいですね。日足だけ見るとやっぱり値動きが大きい日で片づけてしまいそうです。
 それでは、5分足のチャートも見てみましょう。






三井物産 2017決算発表日 5分足








 





 三井物産の決算発表日五分足です。これも、すごい値動きですね~。
 出来高が増えているので、②の部分が決算発表した時間と思われます。
しかし、この銘柄では、後場のスタート時点でかなり値動きが荒くなってきていますね。



 
三井物産さんは一日の出来高が約500~600万株/日の銘柄ですので、80億円程度のボリュームのある銘柄なんですが、こんなに動くんですね~。
13時頃の15分くらいの値動きで200万株をはるかに超える値動きです。





それでは、最後にもう1銘柄見てみましょう。



丸紅 2017決算発表日 日足




 丸紅さんの決算発表日です。①の部分ですね。
このチャートでも通常の株価の値動きよりもやや少ないくらいですね。日足だけ見ると特に通常の日で片づけてしまいそうです。




 それでは、5分足のチャートも見てみましょう。





丸紅 2017決算発表日 5分足




 丸紅さんの決算発表日五分足です。これも、突然ドーンと動いていますね~。

 ②の部分は発表した時間と思われます。この銘柄の発表ははザラバの終了前みたいですね。
 この様に日足でみて何の変哲もない銘柄でも、発表直後5分間の間にこの日の値動きがすべてすっぽり入ってしまっています。
 

 丸紅さんは一日の出来高が約650万株/日の銘柄ですので、一日の売買金額が40億円程度ですが、売買高のほとんどは14:30からに集中していますね。
前日の出来高と大して変わっていないところを見ると、前半の取引は控えられていたようです。
この銘柄では上下に激しく動いてますが、買で仕掛けた方と売で仕掛けた方がほぼ同数だったのでしょう。結局ほぼ元の株価に戻っています。


 しかし、何も知らずにエントリーしていたらこの値動きにかなり慌てたのではないでしょうか?







 まあここまで、長々と書いてきましたが要するに、「決算プレー」に参加するかどうかは別にして、決算発表の日くらいは押さえておきましょうという事です。


知っていて巻き込まれる分には心の準備ができていますが、突然何が起こった???みたいな事にならないためには、今日エントリーしようとしている株式の決算発表日くらいは知っておきたいということです。


 いろんな調べ方はあると思いますが、基本的には自分で調べるしかないので、日経新聞の決算発表スケジュールのページで調べておくと安心です。





 それと、「権利確定日」と「配当落ち日」と「決算日」と「決算発表日」はそれぞれ別の日でからね。  え? 当然知ってる?
 ぞうさんはそんな事も分かってなかったので、それぞれの値動きに翻弄されちゃいましたよ・・・。
 それでは、下記は参考までに・・・



○ 「権利確定日」は配当落ち日の3営業日前になります。この日の大引けから、翌営業日まで保有すると、株主優待や配当がもらえる権利が手に入ります。
この日は一般的に株価が上がりやすいとされています。(※株主優待や配当が良いところは顕著)


○ 「配当落ち日」(権利落ち日)は「決算日」(権利確定日)の2営業日前になります。
この日以降に買っても、株主優待や配当はもらえない日です。
この日は一般的に株価が下がりやすいとされています。(※株主優待や配当が良いところは顕著)


○「決算発表日」は、「決算日」から45日以内が適当(30日以内が望ましい)と決められている様ですので、3月末決算日だと5月中くらいが多いみたいですよ。※3月決算の会社が多いので4月下旬から5月上旬が決算発表日が多いようです。だからゴールデンウイーク前後の株価は要注意です。※銘柄によってはいろんな月で決算日を設けているところもあるので注意が必要です。



 まだ売買をしてない方や売買経験の少ない方は、参考になさってください。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
ぞうさんでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

株価はどうやって決まるの?

今日はぞうさんです。  今回は 「株価はどうやって決まるの?」 ということで、話を進めていきたいと思います。 「株価」って何で上がるの?下がるの?という疑問をぞうさん的な見解で書いてみます。