ラベル

2017年8月28日月曜日

引きこもるくらいなら、トレードしてみたら?

今日はぞうさんです。












この度はちょっと後ろを向いてみました。


 
 
 今回は「引きこもるくらいなら、トレードしてみたら?」ということで、話を進めていきたいと思います。

今回の話題はちょっと唐突ですかね?

でもこれでいきますよ







いまどきは引きこもり放題?



 一口に「引きこもり」と言っても、いろんなタイプの方がおられる事とおもいますが、理由はともかく、お家を中心に生活をしていて、社会との交流が少なくなっている事は間違いないですよね。

 「実家がお金持ちだから、別に自分で稼がなくても問題ないよ。」とか「お金や資産があるから、もう別にセコセコ働く必要ないよ。」等と言うようなうらやましい状態の方でもない限り、普通なら何かで働かないと生活できないでしょうし、何もしないと「これでいいのかな?」なんて考えてしまいますよね。



 きっと、現在進行形で引きこもっている人も、半分以上の方は引きこもりつつも「これでいいのかな?」と悶々とされていると思うのです。しかし、最近はインターネットやスマホの普及等で会社に行かなくても、個人でもいろいろな方法で金儲けができるようになりました。


 きっと、引きこもっている方の中には会社や学校等で人の顔色をうかがいながら生活するのに嫌気がさして、積極的に引きこもって、インターネットを通じてのお金儲けに精を出す人が増えているんじゃないかな?と思うのです。


 今時だったら、それが「セドリ」であったり、「ユーチューバー」であったり、「アドセンス」等だったりするのでしょう。

 でも、上記の様な方法をできる方は「普通の仕事もできるけどこっちの方が向いてる」とか「普通の仕事よりこっちの方が儲かるから」みたいな方が多いんじゃないでしょうか?だって、インターネットだからってメールやチャットなんかではコミュニケーションは取らざるを得ない事も結構あるし、特に儲けを気にするなら一方的に自分のしたい事だけじゃ、お客さん(ユーザー)が着いてきてくれないですしね。
 だけど、「真正の引きこもり」の方は上記の様なお金儲けもなかなか難しい方もおられるんじゃないでしょうか?




トレードなら人間関係なんて考えなくてもできる!




取り扱った商品がネットで高く売れなくても、面白い動画が取れなくても、面白い記事が書けなくても、お金儲けできる方法があります。
 
 まあ、賢明な方はお判りの事とは思いますが、それは「トレード」です。
株に限らず、FXなんかでもいいですが、トレードだったら値段のうごきを見るだけで上がりそうな時に買、下がりそうなときに売るを徹底できれば、儲ける事も可能です。

 基本的には現在のトレードは、昔の様に証券会社の担当者さんだとかを通さなくてもインターネットで取引できるので、売買の判断をとやかく言われる心配は無用です。
 好きな時に(営業時間内ではありますが・・・)好きなだけトレードしてもだれも文句言いません。(お金が無くなったら、したくてもできませんが・・・)ある程度のお金さえあればやりたい放題で、好きなだけトレードできます。
 
 「せどり」なら商品を買ってくれる人との交渉が必要でしょう。中にはややこしい人もおられるでしょうし、お金を振り込まない詐欺みたいなのもあるようですしね。
 「ユーチューバー」でもあまり目立たない(PVの少ない)時はコミュニケーションはあまり関係ないかもしれませんが、いろんな方に周知するために、いろんな所でSNSやなんかでつながるようにしなければいけないだろうし、何かのトラブルで炎上なんかしちゃったら、ネットの人間関係とはいえかなり面倒なことになりそうです。
 「アドセンス」で稼ぐのがこの中では一番人とのコミュニケーションが少なそうですが、それでも、やはり、大きなPVを稼ぐためにはいろんなところにSNSなんかで拡散したり、メルマガを発信したりで、いろいろなコミュニケーションが試されそうです。
 

 実の所、何をやっても何らかのコミュニケーションやトラブルはある事なんだけど、要はどのトラブルや、問題なら自分が受け入れられるか?って言うだけなんだと思うのです。しかし、人間関係に煩わされないことにかけては、トレードはココに上げたものの中では一番いいんじゃないかなと思うのです。そのほかの事は別にして



トレードは超難易度のゲームなのだ!







 人間関係を考えなくてよい事にかけては恐らく一番いいのが、トレードかもしれませんが、それ以外はちょっと難しい事がいっぱいです。
 先ほどあえて、「トレードでは儲ける事も可能です」と書きました。もう一度言いますが、可能ではありますが、簡単ではありません。

 
 「おい!簡単じゃない(危ない)事を人に勧めるな!」と怒られそうですが、地道に働いて生活している方や、すでにやりたい事がある方に勧めているわけじゃないですよ。

 もし、「親のすねをかじって引きこもって、一円にもならないゲームばっかりして過ごしている方」「人と全く関わりを持ちたくないけど、何か自活の道はないかな?」と探している方がおられたら、そんな方は何もしないよりはトレードした方がいいんじゃないんでしょうか?と思っているのです。

 

 特にゲームばっかりして過ごしている方なんかは、人気のユーチューバーにでもなって攻略動画をアップできるほどの腕前になるか、すごい人気の攻略サイトでも作らないとほぼ1円にもならないですから、トレードをゲームだと思って取り組めば何とかなる人もいると思うんですよね。

 そもそも、仮に何とかならないとしても、失うものなんか無いですしね。

 今まで仕事で頑張っていた人が、仕事を辞めてトレード一本に絞ってやっていくとかいうとすごくリスキーでやばい感じがしますが、もともと何もやっていなたった方がやる分には、全然OKじゃないかと思うのです。というか、積極的にやったほうがいいんじゃないかとさえ思います。

 

 実際、1円も稼げないどころか、大金を課金をしてまでゲームに嵌まったりしているようだと、家族の足を引っ張っているだけですし、マイナスになる事はあっても、間違ってもプラスに転じる事は絶対にありません。

 考えてもみてください、勝っても一円の価値もないものに課金しなければいけないゲームと、うまい事やればお金が帰ってくる(儲ける可能性があるトレードではどちらが良いかは考えるまでも無いように思うんですけどね。仮に、月に5万円とか10万円とかを使うならそのお金を使ってFXできたりしますからね(※株だと30万円くらいはほしい)。


 どんなゲーマーの方も同じゲームをずっと続けられないと思うのです。
だって、どんな人間が考えたゲームだって、いずれはゲームクリアされますが(基本的にはクリアされる事を前提に作られているから)、そして、同じゲームはテコ入れをしない限りやりつくしてしまい、飽きてしまうからです。
 
 ところが、私の勧めるこのゲーム(トレード)は限られた、一握りの人だけが勝組みになれる様になっています。ゲームのバージョンは常に更新されていて、極端な話、今機能している方法が明日からは使えなくなるということだってあります。

 
 根っからのゲーマーなら、やる気をくすぐられそうですよね?その一握りになってみたいと思いますよね?
 「俺に攻略できないゲームなんてない!」なんて思っている人は是非挑戦してみてください。実際にすぐ攻略できれば、お金がすぐにでも稼げますし、できなくても「難しいけれど、面白いゲームが見つかった。」となるかもしれませんしね。
 


最後に・・・


 これだけトレードを勧めておいてなんなんですが、これだけは言っておきます。「絶対に最初からお金をかけてはいけません。」
お金をかけなければ本当のトレードの厳しさなんて解からないので、お金をかけないトレードなんてやっても仕方ないし、意味なんてないと言うような意味の事を言う人もおられると思います。それはそれで、間違いではないと思いますが、お金も賭けていない状態ですら勝てない(マイナスになる)のであれば、お金を賭けてトレードした場合は間違いなく勝てません。ですから、必ずお金を賭けないで勝てる方法を見つけてから、少額にてトレードを初めて欲しいのです。

 なぜそんな事を言うかと言うと、「トレードしてくれる人を増やしたい」と言う思いがあるからです。単純にトレードで損する方を量産したい訳ではないのです。最初から訳も分からずに大金をかけてトレードなんかすると、早々に大損を出してしまい結局はトレードを続けられなくなるからです。ぞうさんも最初からお金を賭けていたら、相当な損をしていたと思います。自分は大丈夫!と思っている方もおられるでしょうが、ほぼ間違いなく損します。
 自分の信じる勝ちの法則を見つけるまでは、お金を賭けずにトレードしましょう。(エアトレードで勝っても、本番ではそれだけでは勝てないですので、本番に起こる不測事態も考慮に入れましょう。特に決算発表日スリッページは気を付けてください。)



 今回、ぞうさんはかなり好き勝手を言ってしまいました。気分を害された方がいたとしたらすいませんでした。予めお詫びいたしておきます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。



ぞうさんでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

株価はどうやって決まるの?

今日はぞうさんです。  今回は 「株価はどうやって決まるの?」 ということで、話を進めていきたいと思います。 「株価」って何で上がるの?下がるの?という疑問をぞうさん的な見解で書いてみます。